ショッピング枠現金化口コミ評判比較

ショッピング枠現金化口コミ評判比較

ショッピング枠現金化について

クレジットカードのショッピング枠現金化についてご説明いたします。

まず、クレジットカードにはお金を借りる事ができる「キャッシング枠」と買い物や支払いに利用する「ショッピング枠」の2つの与信枠があります。

 

その「ショッピング枠」を利用し、クレジットカード現金化業者指定の商品を購入し、購入金額の80%~90%で買取をしてもらうサービスになります。

 

お申し込みに関しても、ご自分名義のクレジットカードがあれば面倒な審査や登録は必要なく、パソコンやスマホから簡単にできるので、好きな時にサービスをご利用することが出来ます。
遠方の方や急にお金が必要になった場合でも、即日最短5分から現金を手にする事が出来ます。

 一般的にショッピング枠の現金化自体は、今のところ違法性はありません。

 しかし、その一方でクレジットカード会社が、この利用方法を認めていないという側面があるので、民事上このサービスの利用がクレジットカード会社に知られた場合は、利用者はその利用に対するペナルティを科せられてしまう場合があります。

 

このショッピング枠の現金化サービス自体、クレジットカード会社は、その商品に対しての決済手数料を徴収していますので、問題がなければ基本的には黙認をしてる状態であり、利用者に何か問い合わせをする様な事はありませんが、その一方で、公になった場合は利用者に対してペナルティをかけてくることはほぼ間違いないと考えておかなければなりません。

 

従って、安全にショッピング枠の現金化を利用するためには、いかに安全な現金化業者との取引を行うかということが、最も重要なポイントとなって くることは間違いありません。

 

したがって、換金率やサービスの優劣を決める要素も、大事な現金化業者の選定要素とはなりますが、まずは最も重要なポイントと して、安全に取引ができる現金化業者との取引を行うということに、焦点を絞って業者選定を行うということをお勧めします。

 

改正貸金業法の概要

2010年6月18日に「改正貸金業法」が施行されました。

 

総量規制
借入総額が、年収の3分の1まで

 

配偶者貸付け
専業主婦は、申し込み時に夫の同意書が必要

 

収入証明
50万円以上、または借入総額が100万円を超える時は収入証明の提出が必要

 

上限金利の引き下げ
10万円以下は20%、10~100万円が18%、100万円以上は15%

 

個人事業主の借入れ
個人事業主は、借入れの際、事業計画または収支計画書の提出が必要

 

指定信用情報機関制度の導入
貸金業者同士の「利用者の情報交換」が義務化

 

ショッピング枠現金化口コミ評判比較ランキング|トップに戻る